スマホやタブレットで簡単に操作できる飲食POSレジを導入しよう

電卓で釣銭の計算をする

飲食POSレジなら精算データの合算もタッチ操作で実行できる

タブレットを操作する

客席テーブル数の多い飲食店において、テーブルごとの精算を合算するということは少なくはありません。お客さんが入店したものの、まとまった席が確保できず、テーブルが離れてしまうこともあり、精算をまとめたいというニーズもあります。また、貸し切りでテーブルごとの注文をまとめて幹事さんが精算することもあります。そんなテーブル合算は、飲食POSレジを導入して対応することができます。
飲食POSレジは、テーブルごとに設置されたオーダー端末の情報をタッチ操作で連携することができます。そのため、オーダー端末が数台しか設置できないということもありません。バラバラのテーブルで注文されたものは、提供はテーブルへ、精算は幹事のいるテーブルに集約できます。飲食POSレジの合算機能は、途中からでも管理端末からタッチ操作で行うことができます。そのため、居酒屋などは2次会でたまたま同じ店舗に参加者が合流した場合でも対応することができます。そのほかにも、イレギュラーでテーブルが合流となった際には、途中までオーダーされたメニューを前のテーブルではなく、移動先のテーブルに変更することも可能です。精算の合算からオーダーの届け先まで柔軟な対応を実現するのであれば、飲食POSレジの導入を検討しましょう。最新の飲食POSレジは、市販のタブレット端末とアプリを使用するものが多く、低コストでの導入が可能です。